気になる紫外線はコレでブロック!

太陽の陽射しを浴びるのは健康のために必要なことですが、紫外線を浴びすぎてしまうと体に害をもたらすという側面もあります。日焼けや、シミやソバカスの原因ともなる紫外線をしっかりとブロックするにはどうすべきか、その方法を知っておきましょう。

■ 紫外線ってなに?

紫外線は太陽からの日射に含まれている光の一種です。太陽が発しているのは紫外線だけではなく、ほかに赤外線、可視光線があります。これらは波長によって分類されています。最も波長が長いのが赤外線、次が可視光線、最も短いのが紫外線です。このうち可視光線は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色で構成されていて、紫外線とは最後の紫を超えた(ultra-violet)という意味があります。

紫外線は日焼けなどの化学変化を起こす光として知られています。また、同じ紫外線でも、波長の長い順にUV-A、UV-B、UV-Cの3つに大別されます。このうち、地上に届く紫外線の95%を占めるUV-Aは日焼けをもたらし、シワ、たるみの原因ともなりますが、生物にそれほど多大な影響は与えないとされます。一方、地上に届く紫外線の5%程度を占めるUV-Bは、細胞の表面を損傷して火傷に近い状態にしたり、メラニン色素を沈着させたり、シミやソバカスの原因になり、UV-Aの最大1000倍程度有害性が強いとされています。

■ 日焼け止めの選び方

紫外線を防ぐために使う日焼け止めのパッケージには、「SPF」と「PA」という文字が記されています。この2つが何を表しているのかを知ることで、自分に必要な日焼け止めを選ぶことができます。

SPF(Sun Protection Factor)主にUV-Bを防止する効果の目安を表すものです。日焼けで肌が赤くなるまでの時間は、平均で約20分といわれます。この20分という時間を、何倍まで延ばすことができるのかを示しているのがSPFの数字です。例えば「SPF10」なら20分の10倍、つまり200分(3時間20分)まで赤くなるのを延ばすということです。なお、SPFの後に書かれる数字は2~50までです。50より大きいものはすべて50+と書かれています。

PA(Protection Grade of UVA)こちらは主にUV-Aを防止する効果の目安を表すものです。PAは3~4段階で示されます。「PA+」はやや効果がある(生活紫外線対策用)、「PA++は効果がある(屋外活動対策用)、「PA+++」は非常に効果がある(長時間屋外活動対策用)、「PA++++」は極めて効果がある(さらに長時間の屋外活動対策用)というのがその目安です。

■ 日焼け防止グッズの選び方

紫外線対策として着用する服は素材に着目しましょう。ポリエステルは、特別な加工をしなくても紫外線カット率が高い素材です。とくにUV-Bには有効です。ただ、吸水性と通気性は悪いので夏向けとはいえず、そこでUVカット素材としてポリエステルと綿の混合糸のものがよく使われています。

陽射しが気になる日に役立つのは帽子です。紫外線が最も強く当たる場所は頭なので、頭皮や毛髪、脳が収まっている頭部は真っ先に保護すべきです。頭の一部だけではなく、顔や首も守ってくれるツバの広い帽子のほうが効果的です。その点、日傘もとても優秀なアイテムです。

もう一つ、サングラスも役に立ちます。サングラスは眩しいからかけるというだけではありません。近年、目に紫外線が当たると目の細胞がダメージを受け、その情報が脳に伝わることで脳が「メラニン色素を作れ」と命令を出して、結果、日焼けする……という研究が話題になっています。日焼け防止としてもサングラスはかけるようにしたほうがよさそうです。

■ 体の中からも紫外線対策を

最後に、日焼け防止には食べ物も関係があることをご存知でしょうか。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、とくに紫外線対策に有効です。ビタミンE、ビタミンAも抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎます。これらのビタミンを多く含む食べ物、例えばトマトやレモンを積極的に食べるようにしてください。また、これらのビタミンを含むサプリメントを試すのも良いでしょう。

紫外線は夏にだけ対策すれば良いというものではありません。太陽の光は一年中降り注いでいます。日頃から紫外線をブロックするための対策を怠らないようにしましょう。

厳選ローヤルゼリーの詳しい情報は、こちらにアクセス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。